アダルトDVDなどの購入者をターゲットにした詐欺が急増している

最近、不特定多数の人に、アダルトDVDなどを購入したことに対する「告発状」が送られてくる詐欺が増えているそうです。
そうしたモノを購入したことがない人なら、そんな告発状が送られてきても心配になることはないでしょうが、そうした経験がある人だと「あなたの行為は法律に違反しています」「被害者女性の強い意向により事件証拠を提出し告発致します」などと書かれた告発状が送られてきたら、思わずドキッとしてしまい、詐欺に引っ掛かってしまう人もいるでしょうね。
国民生活センターによると、この詐欺は全国規模に波及していて、昨年ごろから被害相談が増え始めているそうです。
もし、やましい気持ちで、そうしたモノを購入した経験があったとしても、要求には絶対に応じないようにしましょう。

荒川区の路上での刺殺事件で犯人が犯行前まで現場に隠れていた可能性が高まる

東京の荒川区の路上で男性が刺され殺害された事件。

この事件で殺害された会社員の太田康治さんを刺した犯人は、犯行直前まで現場付近の駐車場に身を潜めていた可能性があることが、警視庁への取材で明らかになりました。

太田さんが殺害されたのは28日の午後10時半ごろ、荒川区東日暮里の路上で、背中を何者かに刃物のようなもので刺され殺害されました。

現場を調べていた警視庁は、犯人が犯行直前まで現場周辺の駐車場で身を潜めていた可能性が高いことから、現場周辺の車などの持ち主に指紋の採取をお願い、周辺の防犯カメラの解析を進めるとともに、周辺で不審な人物を見た人がいないか捜査しているということです。

犯人が犯行まで現場に隠れていたとなると、通り魔的な犯行ではなく怨恨による犯行の可能性が高いでしょうね。

そうだとしたら、犯人が見つかるのも時間の問題でしょうね。

 

投資というのはハイリスクハイリターンなものです。投資に限らずビジネスというものはみなそんな性質をもっています。投資の中でも比較的始めやすい投資信託。投資信託 失敗したという話をよく聞きます。しかし、いつ何が起きるか分からない人生失敗を怖がっていたら何もできません。時には思いっきりも必要なんです。

親権がない長女を日本に連れ帰った罪でアメリカで逮捕・起訴された日本人女性

長女を日本に連れ去ったとしてアメリカで逮捕・起訴された日本人女性が、娘をアメリカに戻す代わりに罪を軽くすることで合意していたことが明らかになりました。

アメリカで逮捕・起訴されていた女性は、ニカラグア人の男性と結婚していましたが、2008年に元夫に離婚訴訟を起こされ離婚しました。

その際、当時、住んでいたアメリカから9歳の長女を日本に連れて帰国したのですが、親権は元夫にあったため、長女を勝手に日本に連れ帰ったことで指名手配されてしまったのです。

そのことを知らなかったのか、今年4月、女性は永住権を更新するためにハワイを訪れ、そこで逮捕されたのです。

21日の裁判で女性は、現在、日本で暮らす長女を30日以内に親権を持つ元夫側に戻すことに同意。

検察側はこれと引き換えに最大、禁錮12年6カ月が可能だった量刑を3カ月間の保護観察に軽減することに同意たそうです。

親権問題で指名手配されるなんて、日本では信じられない話ですよね。

 

自動車を購入したい自分に友人が審査の甘いマイカーローンを紹介してくれました。確かに審査が甘いと審査に通りやすくていいのでしょうけど、審査が甘い分その他のサービスも甘いのではないかと疑ってしまいます。自動車はそう何台も買えるものではないので、マイカーローンも慎重に選んでいこうと思います。

 

大阪府で性犯罪の再犯を防ぐための異例の条例が検討中

大阪府が未成年者への性犯罪を犯した刑務所出所者に対し、居住地の届け出を求めるという、全国でも異例の条例の制定を検討していることが5日明らかになりました。

この条例が議会で通った場合、出所者に対し名前や居住地、連絡先などを府の機関に届け出るよう求めるということです。

ただ、出所者に対して厳しいだけの条例ではなく、条例な基づいて届く出を行った出所者に対しては、社会復帰できるよう支援を行ってくれるということです。

大阪府は18歳未満の子供に対する強姦被害や強制わいせつによる被害の件数が全国ワースト1。

また、出所者の再犯率も高いということから、この条例の制定に期待している関係者も多いということです。

橋下徹知事が、性犯罪の再犯を防ぐために考えた、前歴者にGPS機能付き端末の携帯を義務付ける条例よりかは、導入しやすい条例だと思いますよ。

 

白髪染めをする上で大切なことは、若返るという気持ちを持つこと。

何事も気持ちを入れるとその効果も大きく変わってきます。

白髪染めにチャレンジしてみませんか。

被災地で分譲マンションの管理組合が頭を悩ませている理由

東日本大震災では数多くのマンションも被災しましたが、そうした被災した分譲マンションの共用部分の補修などを巡り、多くのマンションの管理組合が頭を悩ませているそうです。
マンションには部屋の所有者や賃貸居住者など様々な立場の人がおり、資金の分担について利害の調整が難しいため、被災で破損した部分の補修をしようとしても、一部の部屋の所有者や賃貸居住者の合意が得られず、補修をしたくてもできないケースがけっこうあるようなのです。
ある分譲マンションでは、地震の揺れと地盤沈下で、マンション外側の階段3か所の土台が崩れて傾き、部屋と廊下の間にも亀裂が入り、ドアが開かない部屋が続出し全壊と判定されました。
幸い部屋部分のの損傷は比較的少なかったため、管理組合は建て替えではなく補修を決めたのですが、それでも費用は約1億円もかかってしまうというのです。
しかも、そのマンションには、自身は住まずに部屋を貸す賃貸オーナーがいたため、居住者が対象となる国の被災者生活再建支援金は受け取ることができないことから、費用負担に合意できないと主張。
そのためマンションの補修がまったくできない状態が続いているというのです。
こうした被災に、政府はもっと注目すべきですね。

 

最近お金をよく使うので重宝しています。

カードローンはいいですね。

いつも助かっています。